事業資金の重要性

会社勤めをしていて、事業資金について考える人は財務部門や経営部門の人など、一握りの人だと思います。しかし、事業資金について知識を得ることは、自分の会社の経営状況が分かるだけでなく、取引先の経営状態を見極め、債権リスクを減らせるなどメリットも多く、営業や調達部門の人でも知っていて損はありません。ここでは具体的事例を紹介しつつ、事業資金とは何なのかを分かりやすく説明します。

売上が順調でも資金繰りを間違うと倒産する

売上が増加することは一見すると良いことのように思われがちですが、注意しなければいけないのは売上に応じて仕入れや経費も増加傾向になるという点です。そうなると当然入ってくるお金だけではなく出て…

Read more »

運転資金は入金と出金のタイムラグを埋めるもの

堅実にビジネスを行うなら無借金経営として自己資金だけで行うのが良いでしょう。しかしせっかく販売できる市場があるのに自己資金だけでのんびり経営を行っていると、どんどん同業にシェアを奪われてし…

Read more »

設備投資は何年で資金を回収できるかが鍵

メーカーであれば工場や機械などの設備が必要で、新たな工場や最新の機械があればよりたくさんの製品が作れます。売上をアップするには工場や機械の増設が必要な時、そのための事業資金を用意する必要…

Read more »

事業資金は融資を利用することも大事

事業資金の確保のために融資が必要な場合は、日本政策金融公庫、銀行・信用金庫などの金融機関、制度融資が主な融資先になります。

事業資金の調達方法

目的に応じて長期借入と短期借入を使い分ける

支払条件を変更することで、必要資金を圧縮できる

手形の割引はその場しのぎと心得る

額面より低い金額になってしまうので注意

手形を第三者に譲渡して現金を得る手形割引は急にお金が必要になった時には便利です。手形の現金化は正規の手続きに基づいて行うと時間がかかってしまいます。そのため、短期間で現金化ができる手形割引の需要は無くならないのです。しかし、手形割引で得られる現金は決して多くはありません。手数料や満期日までの利息分を差し引いた金額に留まるので、額面と比べると遥かに少なくなることもあります。業者によっては手形の金額が少ないと手数料を割り増しにする所もあります。そのため、余計に金額が減ってしまうので必ずしも最良の方法では無いことを把握しなければいけません。何度も繰り返すと金銭面で非常に苦しくなるおそれもあることから、手形割引は慎重に判断したうえで行うことを心がけます。

社会的な信用が低下する可能性もある

手形割引は債権を第三者に譲渡する行為です。これは未払い金を請求する権利を第三者に譲ったことを意味します。手形を作った側から見れば、お金を払う相手が無関係の第三者に変更されることになるので、決して良い感情を持たれることはありません。また、手形の譲渡によって債務者の個人情報が第三者に知られることになります。そのため、少しのお金を得るために信頼関係を放棄したと見なされる可能性もあるのです。手形割引は金銭面においては一時しのぎという欠点がありますが、商取引に関する信頼関係も大きく損なうことがあるのです。手形割引を頻繁に行うと資金繰りに問題があると解釈され、遂には社会的な信用も低くなってしまうので注意しなければいけません。

© Copyright Importance Of Business Funds. All Rights Reserved.