運転資金は入金と出金のタイムラグを埋めるもの

自己資金以上のビジネスが可能

堅実にビジネスを行うなら無借金経営として自己資金だけで行うのが良いでしょう。しかしせっかく販売できる市場があるのに自己資金だけでのんびり経営を行っていると、どんどん同業にシェアを奪われてしまうかもしれません。そこで運転資金として事業資金の調達を検討してみましょう。商業においては仕入れをして販売する必要があり、通常は仕入れ代金の出金が販売代金の入金の先になります。沢山販売すればお金もたくさん得られるからと少ない自己資金だけで仕入れをすると、支払うためのお金が無くて資金繰りがままなくなります。そこで出金と入金の間を埋めるべく運転資金を借り入れで調達しておきます。借入金で仕入れ代金の支払いをして、販売代金が入金されれば借入金を返済すればいいでしょう。

コストより利益率が高いなら活用

運転資金を多くできるサービスとして金融機関のビジネスローンがあります。借入金なので利息の支払いがあり一定のコストが発生します。資金の需要がないならビジネスローンを利用する必要はありませんが、ビジネスを広げたいのであれば入出金のタイムラグを埋めるために利用した方がいいときもあります。ビジネスローンを使うに当たってはビジネスローンの金利と自分が行うビジネスの利益率を比較し、利益率の方が高いのであればメリットがあると言えます。年率12パーセントのビジネスローンを1箇月利用すればコストの金利は1パーセントです。もし行っているビジネスの利益率が1パーセント以上なら、資金調達コストを回収した上でより多くのお金を生み出せるでしょう。

ファクタリングには買取型と保証型があります。買取型は、売掛金を早くお金に換えたい場合に利用されるものです。一方、保証型は売掛金が回収できなくなった場合に保証会社がお金を払ってくれます。

© Copyright Importance Of Business Funds. All Rights Reserved.