支払条件を変更することで、必要資金を圧縮できる

現金払いから手形払いに変更する

支払日を延ばすことができれば、その間に売掛金が回収できるため、買掛金の支払いを金融機関からの借り入れに頼らず、自前の資金で賄うことができます。但し、翌月末に支払っていたのを翌々月の末払いに変更するとなると、相手を説得するのが大変です。また、そのような交渉をすると、資金繰りの悪化を疑われ、最悪の場合は取引を停止されてしまうリスクがあり、逆効果となる可能性もあります。そこで、支払日を延ばす代わりに、現金払いを手形払いに変える方法があります。債務者側からすれば、手形が満期になるまでに資金を準備すれば良いため、支払日を延ばすのと同じ効果が得られます。また、債権者側も何か月も現金での支払を待つより、翌月に手形を受け取れる方が、回収リスクは下がるので、単純に支払日を延ばすより、受け入れられ易いと言えます。

廻し手形や相殺を活用する

手形払いへの変更は、資金的な余裕が生まれる方法ですが、最終的には手形の満期日までに現金を用意する必要があります。また、手形での支払いは企業の信用力が必要なので、小規模な会社であれば、手形払いそのものを断られてしまう可能性もあります。そこで次なる手段として活用したいのが、廻し手形と相殺です。廻し手形とは、回収した手形に裏書きして支払に充てる方法です。受け取った手形を支払先に送付するだけなので、全く資金負担がありません。次に相殺とは、2社間で売りと仕入れがある場合に、お互いの債権を引き当てることで債務を帳消しにする方法です。残った差額のみ支払えば良いので資金負担を軽くできます。また、振り込むお金が少なくて済むので、振込手数料も節約できます。このように支払方法を少し工夫するだけで、必要資金をかなり圧縮できるのです。

© Copyright Importance Of Business Funds. All Rights Reserved.